〈アトリエ深月〉は、宮城県の山間の町、蔵王町にアトリエを構え、

自然と職人の手仕事から生まれる素材でアクセサリーを作っています。

 

蔵王町は、遠刈田系こけしが生まれた地。

古くから雑木林や家の庭に植えられてきたミズキの木は、

芯材と辺材に色の違いがほとんどなく、白に近い色をしていることから、

絵柄もつけやすく、こけし作りによく使われてきました。

そんなミズキの木から、

こけしが作られていることを覚えていただけるように、

​優しく、日本的な【深月】の漢字を当てて、アトリエに名付けました。

工人の手仕事によって生まれた

木のビーズや自然素材のアクセサリーが、

永く愛されるよう、心を込めてお作りします。